すき家のアレルギー表示は27品目の原材料を表示♪

すき家(https://www.sukiya.jp)はちょっとした大きさの街ならどこにでもありますよね。メニューは牛丼だけでなく、豚丼、海鮮丼、中華丼などさまざま。トッピングもアレンジもさまざまで、メニュー選びに困るくらいです。

今回はそんな 「すき家」のメニューのアレルギー情報について探ってみました!(2022年1月20日時点の情報となります。)

すき家のアレルギー情報は27品目の原材料を表示!(表示義務7品目+表示推奨20品目)

すき家では食品表示法で表示が義務付けられている特定原材料7品目(小麦、そば、卵、乳、ピーナッツ(落花生)、えび、かに)の他、表示が推奨されている20品目(あわび、いか、イクラ、オレンジ、キウイ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、豚肉、松茸、もも、山芋、りんご、ゼラチン、バナナ、カシューナッツ、ごま)を対象にしています。アーモンドは調査時点では準備中とのことです。

個々のメニューページでの表示や、全メニューのアレルゲン一覧表でアレルギー情報(アレルゲン情報)が提供されています。
アレルゲン(アレルギー物質)の有無は次のマークで分類されています。
●:原材料として使用しています。
△:工場の製造ラインで器具を共用しています。
□:店舗で調理器具、食器を共用しています。
ー:原材料として使用していません。
食べ慣れている定番メニューだったとしても、原材料の調達先の変更などの事情で、今まで含まれていなかったアレルギー物質が入ってしまっていた!ということもありますので、定番メニューであっても注文の前に確認した方がより安心です。

すき家のアレルゲン一覧表(アレルギー情報)はこちら♪

https://www.sukiya.jp/about/common/pdf/allergy.pdf

アレルギー情報の利用にあたっての注意事項が記載されているので引用します。

  1. この一覧表は、原材料として使われているアレルゲンおよび製造・調理の段階で混入することが想定 されるアレルゲン(27品目)を調べたものです。 ※日本の法規で定められたアレルゲン27品目(アーモンドを除く)に対応しています。
  2. 製造・調理においては細心の注意を払っておりますが、共用の器具を介して他の食材が付着するなど、 2次的混入の可能性をすべて防ぐことはできません。 お客様ご自身で選択していただく際の目安としてご使用ください。
  3. アレルゲンに対する感受性には個人差があり、極微量の混入で症状を引き起こす場合があります。 過敏な方、症状が重篤な方は特にご注意ください。
  4. 2019年9月にアレルギー対象品目として新たに加わったアーモンドについては、現在準備中のため、 弊社アレルギー一覧に反映されておりません。

※: 納豆の「さば」は、沖縄県で提供している納豆のタレに使用されています。

すき家のアレルギー情報は、日本語、英語、中国語、韓国語の4か国語に対応していますが、アレルゲン一覧表ではメニュー名は日本語のみのため、外国語利用者には分かりにくいかもしれません。

また、上にも書きましたが、個々のメニュー画面にも27品目のアレルゲンが表示できるようになっていますが、これも日本語メニューのみのようです。

アレルゲン一覧をよく見てみると、興味深いことに気づきます。

そば、あわび、いくら、もも の列を見てください。原材料として使っている●が一つもないのに、△・□がずらっと並んでいます。

△は工場での設備の共用があるもの、□は店舗での調理器具や食器の共用があるもの でしたね。

このことから、原材料としての使用がない場合であっても、間接的に混入の可能性がある場合には注意喚起も含めてアレルゲン混入の可能性を表示するようにしているようです。結構細かくやってくれているようですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました