丸亀製麺のアレルギー表示は27品目の原材料を表示♪

丸亀製麺といえば、打ちたて・つくりたてのもちもち食感のうどんをいただける全国チェーンのうどん店ですね。うどん専門店なので、そばアレルギーのある方にはありがたい存在でもありますが、そば以外の食物アレルギーについてはどうなんでしょうか?

丸亀製麺のメニューのアレルギー情報について探ってみました!(2022年1月19日時点の情報となります。)

丸亀製麺のアレルギー情報は27品目の原材料を表示!(表示義務7品目+表示推奨20品目)

丸亀製麺では食品表示法で表示が義務付けられている特定原材料7品目(小麦、そば、卵、乳、ピーナッツ(落花生)、えび、かに)の他、表示が推奨されている20品目(あわび、いか、イクラ、オレンジ、キウイ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、豚肉、松茸、もも、山芋、りんご、ゼラチン、バナナ、カシューナッツ、ごま)を対象にしています。アーモンドは未対応のようです。

個々のメニューにはアレルギー情報は記載されておらず、一覧表の形でアレルギー情報が提供されています。
アレルギー物質の有無は次の3つのマークで分類されているので分かりやすいです。
● 原材料として使用している
✖️ 原材料として使用していない
▲ 原材料の製造過程で共有・接触があるもの。(表示義務のある7品目のみ)
食物アレルギーのある方は、メニューの原材料に気をつけなければいけないアレルギー物質が含まれていないことをチェックすることになると思います。
そういった使い方からすると、個々のメニューに含まれるアレルギー 物質をひとつひとつチェックするよりは、一覧表からご自身が食べることができるメニューを選んだ方が手っ取り早いと思いますので使いやすいまとめ方だと思います。
もちろん、いつも食べ慣れているメニューだったとしても、原材料の調達先の変更などの事情で、今まで含まれていなかったアレルギー物質が入ってしまっていた!ということもありますので、定番メニューであっても注文の前に確認した方がより安心です。

丸亀製麺のアレルギー情報一覧表はこちら♪

https://marugame-seimen-cms.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/uploads/allergics/file1_path61ca60dbe1039.pdf

アレルギー情報の利用にあたっての注意事項が記載されているので引用します。

  1. アレルギー情報は、原材料製造元からの情報に基づき作成しております。
  2. 店舗では、調理器具、食器、衣、揚げ油、食材の保管場所は 共有しております。 そのため、意図せずアレルギー物質が混入する可能性があります。
  3. アレルギー物質の感受性は個人差があります。 お召し上がりについては、お客様のご自身でご判断くださいますようお願い致します。(ご心配の場合は、専門医に相談することをお勧めいたします。)
  4. アレルギー情報は随時変更する可能性がありますので、その都度ご確認ください。

丸亀製麺では、揚げたての天ぷらも楽しみの一つですよね。天ぷらもアレルギー情報に原材料の詳しい情報がしっかり記載されています。

ただし、ここで気をつけなければならないのは調理過程で生じるコンタミです。

引用文にもありますが、天ぷらはすべて同じフライヤーで揚げるため、原材料に含まれるアレルギー物質が天ぷら油を介して混入する可能性があります。

食物アレルギーの症状・感受性は人それぞれなので、「コンタミも危ないな」という方は注意してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました